mv

ITデューデリジェンス

クライアント概要

業種 ウェブメディア
属性 投資ファンドのポートフォリオ企業
規模 従業員約200名、売上高約100億円

Project プロジェクト概要

目標

過去2年累計で10億円超のIT投資内容を評価し、以降のIT投資額やランニングコストの抑制可能性を検討する

スケジュール

  • 2ヶ月以内を目処

本プロジェクト固有の特性

  • 過去のIT投資の整理及び見直し

クライアントが抱える課題

  • IT担当役員と、株主・経営陣との間で意思疎通が不足
  • IT投資額の予想外な増加の根本的な原因を把握できていない
  • 上記に伴い有効なコスト抑制策が打ち出せない

Project プロジェクト内容

  • 01過剰な自前主義

    arrow 業務最適化、現場要望に過剰に寄り添った結果、システムが自社開発(安価な外部パッケージ導入にて概ね代替可能)
  • 02ドキュメント不在と人材不足

    arrow ベースとなる基幹システムのドキュメントがないため、プロジェクトが属人的なスキル・知識に依存し、チームを拡大できない

    その結果、現社員の労働環境が悪く、退職率が高い
  • 03ベンダー依存

    arrow 特定ベンダーに依存し、高い価格設定で業務を発注

    ドキュメント不在の自社開発システムのため、ベンダー見直しが実質不可能
  • 04身の丈にあったパッケージ選定

    arrow 経営の規模に見合わないパッケージを選定し、ライセンスフィーなどが同業、同規模と比べて割高になっている
  • 05株主、経営陣へのレポーティング実施

    arrow 経営、現場へのヒアリングを踏まえ把握した問題点に対するレポートと提言を経営陣および株主に実施

    既存システムを残置すると高コスト体質が変わらないため、安価なパッケージを改めて導入し、現場オペレーションをそれに合わせるよう助言